釣果情報

  1. ホーム
  2. 釣果情報

釣果情報一覧

怪魚釣りタイ・バンコク・海外遠征フィッシング その3(2020/02/24)



タイバンコクの怪魚釣り、その3

訪れたのは、バンコクから1時間半ほどにあるアマゾンBKKフィッシングパーク(Amazon BKK fishing park)です。

実際にアマゾンに行かなくてもアマゾンの魚が釣れるという釣り堀で、

ピラルク、レッドテールキャットフィッシュ、アリゲーターガー、チャオプラヤキャットフィッシュが釣れます。

私自身、ここがメインと考えていた釣り場でもあります。

思っていたよりは、狭く感じました。2つの池があり大きな池の方が、ピラルクがたくさんいるそうです。

静かに辺りを見渡していると、ボコッという凄い捕食音がしました!ピラルクらしいです。

高ぶる気持ちを抑えつつ準備をしながら、話をしていると、最近は特にスレていて、

なかなか簡単には釣れないらしい。そこは、やはり調べていた通りの状況でした。

1日に2回のエサ撒きがあるのですが、そのタイミングでピラルクに口を使わせるのが勝負らしい。そのエサは思っていた以上に小さなティラピアでした。

ビックベイトではなく、それなりのサイズのルアーを考えていたが、それでも大きかったかもしれないと思う程でした。

ピラルクを狙うのはボトムから少し上をスローリトリーブ、特別なアクションは必要なし。

ティラピアに似せる為、フローティングのギル型ルアーでウエイトを張り付けたり、フックサイズの変更でサスペンドやスローシンキングになるように調整したルアーを用意しておいた。

午前中のエサ撒きが始まりスタッフが水の中に入り込んでエサのティラピアを投げ込むとバケツで水を投げ、またエサを投げの繰り返しが数回行われた。こっちは、釣る為に真剣なので、じっくりとは見てませんが。

すると、所々で捕食音が聞こえだし、エサ撒き付近では騒めきも感じられた。

しかし、誰のルアーにも反応なく終了してしまった。なぜか終了という感じが漂う程、池が沈黙になりました。

釣りをする時間は、まだまだあるのですが、次のエサ撒きタイムまでは時間が長い。その間の時間にも釣り続ける私たち。他のアングラーは休憩を取っておられる方もおられました。もちろん、私達も水分補給、お昼ご飯、小休憩は取りながらも、釣り続けましたが、魚は反応してくれません。

そんな沈黙を切り開いたのが、カスタム45女将の「キタ~!」の一言。

私達男性陣、他のアングラーもマジで!!という感じで女将の方を見た。

ロッドが強烈に曲がり、ドラグ音と共に何度もラインが出されている。しかし、連日の大型魚とのやり取りの成果なのか、女将に主導権があり余裕感もあるように見えた。それでも、バーブレスフックの為、テンションが緩んだりでのフックアウトに気を付け、手前はブレイクになっているので、と言う同行者のアドバイス通り丁寧にランディングポイントまで釣り上げスタッフがランディング。

魚の正体はアリゲーターガーでした。サイズがよかったので重量感たっぷりの引きだったでしょう。羨ましい。ナイスゲット!これをきっかけにみんなスイッチが入る。単純なものです・・・

しかし、後が続きませんでした。

いよいよ2回目のエサ撒きタイムに突入すると同行者に早速ヒット!これも強烈な引きが対岸からも伺える。落ち着いたやり取りで釣りあげられたのは、グッドサイズのチャオプラヤキャットフィッシュ!確かに引きますわ・・・

さらに、違う同行者にもヒット!さらに女将にもヒット!そして、私にも念願のアタリ!キタ~!重量感のある魚のグイグイとした引きを少し感じた時、急に軽くなり痛恨のバラシ・・・結果、女将だけが釣り上げました。

その後、私にはアタリも何もなかったのですが、同行者の方は本当によく釣られる方で、数回バイトさせ、アリゲーターガーを釣られてました。

ピラルクを釣り上げられなかったのが残念でしたが、アマゾンBKKアマゾン池は、夢のあるフィールドには間違いありません。

ちなみに、呼吸をする為に水面まで上がってきたピラルクは何度も目撃しました。赤いウロコが、インパクトありますね。

ピラルク釣りたかった~

<タックル>

・ロッド ツララ エルホリゾンテ70

・リール シマノ 12アンタレスHG

・ライン PE4号

・リーダー ナイロン60ポンド

・ロッド フエルコXT710-5C

・リール シマノ カルカッタコンクエスト300

・ライン PE4号

・リーダー ナイロン80ポンド

 ・ロッド ジェットセッター63C

・リール シマノ カルカッタコンクエスト201

・ライン PE4号

・リーダー ナイロン60ポンド

<注意点>

・ドリンク(水、コーラ)販売してました。

・お昼ご飯は買って来てくれます。

・1日に午前1回、午後1回のエサ撒きタイムがある。

・馬がいる(放し飼いではない)

・犬とアヒル?がいる。

・レギュレーションがある

<レギュレーション>

・フックはルアーに1つのみ

・バーブレスフック(返しなし、プライヤーで潰す)

・PEラインは、4号以上

*現在のレギュレーションの為、今後、変更になる事もあるらしい。(2020年2月現在)

アマゾンBKKフィッシングパーク・・・ピラルク・レッドテールキャットフィッシュ・アリゲーターガー・チャオプラヤキャットフィッシュ

こちらの状況は、フェイスブック、インスタにもアップしております。

 

 

 

 

 

 

 

 


怪魚釣りタイ・バンコク・海外遠征フィッシング、その2(2020/02/24)



タイランド怪魚釣り その2

訪れたのは、タイバンコク郊外にあり、メコンオオナマズが釣れるNEWブンサムラン・フィッシングパーク(New Bungsamran fishing park)という釣り堀。

ここは、ルアーフィッシングではなく、エサ釣りになり、バンガロー?コテージ?を貸し切っての釣りで、室内にはトイレ、冷蔵庫、ベッドもあり快適な釣り場です。

パーク内にはコンビニのような店もあり、釣具店もある一般観光客も訪れ、貸竿レンタルで釣りができる釣堀にしてあります。日本の芸能人たちも来られていたそうな。私たちのバンガローの隣も、日本人の方でした。

ここは、レンタルタックルにして、しかも、スタッフが付きっ切りでエサ付から、投入までやってくれて、アタリがあると片言の日本語で「きたきた~」と合図をしてくれます。

そこから超巨大ナマズ、メコンオオナマズとの格闘が始まります。

だいたい一人、10分前後のやり取りで、ランディングもスタッフがしてくれます。

おとなしく寄ってきたかと思いきや、そこからがなかなか浮き上がらなく、本気で抵抗し始めたり、足元の桟橋に巻きつくような抵抗をしたり、腕がパンパンになる程の醍醐味があります。

お昼ご飯は、注文すれば持ってきてくれます。

順番に釣りをする流れなのですが、一人が釣っている横で、食事をしているという不思議な空間でもありました。

(食事しながら応援)

ここは、パーカーホ(ビッグカープ)というコイの大型魚もいます。

幸いにして、付き添って頂いたスタッフの方は次から次へと釣っては掛りの連続で、他の釣り客はアタリがしばらくなかったり間があいていたのですが、私たちは、すぐに順番が回ってくる程、釣らせて頂きました。

ブンサムランフィッシングパーク・・・メコンオオナマズ・パーカーホ(ビッグカープ)・ピラルク・レッドテールキャット *釣れるのは、ほぼメコンオオナマス草食性なので。

<タックル>

・レンタルタックル

<注意点>

・レンタルのリールは巻きにくい(ドラグ設定は絶妙)

・横に走らせると、隣のアングラーとお祭りになる可能性あり。

こちらの情報は、フェイスブック、インスタにもアップされております。

 


怪魚釣りタイ・バンコク・海外遠征フィッシング その1(2020/02/24)



海外フィッシング!タイランド(タイバンコク郊外)での怪魚釣り情報です。

初日、早朝バンコクに到着してフィッシングガイドのシゲさんと合流。

早速、バラマンディのいるモンコンフィッシングパーク(Mongkol Fishing Park)という釣り堀、養殖池に向かう。

到着して、今回は大型のバラマンディとアジアンレッドテールキャットのいる池に案内して頂いた。(車で数分移動)

早々に準備をして実釣開始!しばらく反応がなかったので隣の池に案内して頂くと、同行者に早速ヒット!

私も、先日ボンバダテルさんに教えて頂いたルアーでボコボコに釣れ、さらに同行者にはアジアンレッドテールキャットもヒットしました。

全員が同時ヒットもある程、釣れまくり!走る、ジャンプ、とにかく、よー引きます。

70センチクラスのバラマンディは暴力的な引きでフックも伸ばされるような状況。

釣っては、フック交換というという作業も必要でした。ルアーも破壊されるものやジョイントルアーは、ジョイント部分が伸ばされる始末。

いろんなアクシデント(自分の不注意でロッド折れ)もありながら、ひたすら釣り続けました。

こちらは養殖池になりランディングは管理人がしていただけるのですが、途中、ランディングのおばちゃんがいなくなったり(おそらくお昼休憩)で少し中断もありましたが、さすが自由な感じがしました。

その後も、いろんなルアーで釣ったり、自作ルアーで試したり、私自身はオールドのタックルで挑んだり、満喫しました。

初日から強烈な魚の引きに迎えられました。

<タックル>

・ロッド ツララ エルホリゾンテ70

・リール シマノ 12アンタレスHG

・ライン PE3号

・リーダー ナイロン60ポンド

・ロッド フエルコXT710-5C

・リール シマノ カルカッタコンクエスト300

・ライン PE4号

・リーダー ナイロン80ポンド

 

・ロッド ジェットセッター63C

・リール シマノ カルカッタコンクエスト201

・ライン PE3号

・リーダー ナイロン60ポンド

・ロッド ツララ ポルタメント73

・リール シマノ ストラディック4000

・ライン PE2号

・リーダー ナイロン50ポンド

<注意点>

・釣り場付近にトイレはない。

・飲み物は受付で前もって購入しておく

・お昼ご飯は買ってきてくれます。

・フックは予備がかなり必要

・日陰は簡易的なパラソルのみ

・犬がいる

モンコンフィッシングパーク・・・バラマンディ・アジアンレッドテールキャット

こちらの状況は、フェイスブック、インスタにもアップしております。

 

 

 

 


エリアトラウト!嵐山FA大型トラウト釣れてマス!(2020/01/29)



先日、釣具店「釣り具王カスタム45」主催エリアトラウト大会でお世話になった、

京都市右京区にある嵐山フィッシングエリアに行ってきました。

もちろん、ターゲットはレインボートラウト!

ルアーフィッシングで狙うのですが、ルアーもさまざまでスプーン、クランクベイト、

バイブレーション、フェザージグとありますが、今回はミノー縛り?で

大物を狙ってみました。

水温が上がってくるとトラウトの活性が上がったのか、ミノーをひったくるような強い引き!数分のやり取りで、スタッフにランディングをして頂いたのは、60センチオーバーの大型トラウトでした。

当日は、他のアングラーも大型のトラウトをよく釣らていました。

京都市内から近い管理釣り場「嵐山フィッシングエリア」大型トラウト釣れてます!

エリアトラウトフィッシング、超おすすめです!

お世話になりました嵐山フィッシングエリアのスタッフS山様、ありがとうございました。

本日の、状況は嵐山フィッシングエリアのHPブログにも満載されています。


第7回エリアトラウトT1大会in嵐山FA開催!(2020/01/19)



第7回エリアトラウトT1大会in嵐山フィッシングエリアが無事開催致しました。

1匹長寸の大物大会として恒例になり、今シーズンの嵐山フィッシングエリアは、

70センチクラスのトラウトが入っていますので、掛ってからランディングまでも油断はできません。

エリアトラウト(管理釣り場)の楽しさを広める為のイベントでもありますので、初めての方々にトラウト釣り、引きを堪能してもらえれば、このイベントは大成功なのです。

ご参加のベテランアングラーの方は、大会時間中にも関わらず、初心者の方へのアドバイスや、場所を譲って頂いたり、カスタム45ならではのアットホーム?的なイベントになりました。おかげ様でエリアトラウトのアングラーが、また増えました!

開始しばらくは、気温、水温も低く検量持ち込みもボチボチという感じでしたが、

時間が経つにつれ続々とトラウトが持ち込まれました。

みなさんスプーン、クランク、フェザージグ等、ルアーローテーションで

探りながら釣果を伸ばされました。

初エリアトラウトの方も、パターンをつかむと、スプーンで連発されていました。

今回も最後まで気を抜けず、超大物を掛けたのですが痛恨のフックアウトや、

時間ギリギリで順位が入れ替わるトラウトの持ち込みもあり、ドラマがありました。

最後は、恒例の「釣り具王カスタム45」の女将とのジャンケン大会で盛り上がりました。

ご参加頂きましたみなさま、お疲れ様でした!

嵐山フィッシングエリアのスタッフの方々、ありがとうございました。

一般のアングラーの方々、混雑により釣りにくい時間帯があったと思います。

ご協力ありがとうございました。

エリアトラウトフィッシング楽しい!

オリンピックイヤー第1弾イベント無事終了!

釣具店カスタム45釣りイベント、今年は、さらに増やしますよ~


日本海丹後ハマチ祭り継続中!タイラバご機嫌ななめ(2019/12/26)



日本海丹後オフショアでは、ハマチ祭りがまだ継続されております!

脂ののったハマチが爆釣。ジギングはお土産できます。

真鯛は、ご機嫌ななめで、タイラバは、反応いまひとつ。

それでも、タイラバヘッド、ネクタイ、ワームの試行錯誤で、

きれいなマダイゲット。

これからの日本海は荒れる日が多くなりますが、

オフショアに出られれば、大鯛、寒ブリに期待大!

今回、お世話になりました丹検丸様、ありがとうございました。

 


日本海丹後オフショアキャスティング!(2019/11/27)



日本海丹後にて、オフショアキャスティングに行ってきました。

狙いは、ヒラマサ!

穏やかな海でしたが、80センチオーバー頭に

船上全員安打で釣れました。

ハマチも好調にトップルアーに出てくれました。

トップルアーでの誘い出し、水面を割って襲い掛かる水しぶきが見えると、

興奮しますね。

今回、お世話になりました、京都府舞鶴、ノースポイント様、ありがとうございました。

 

 


タイラバ絶好調!釣れてます!(2019/11/13)



日本海若狭、タイラバ絶好調!

良型混じりで、よく釣れています。

女将、本日の最大70オーバー。

青物混じりで、多彩なゲストも。

マダイ特有の引き、楽しいです。

今回、お世話になりました。丹険丸様、ありがとうございました。

 


日本海丹後半島エギング!(2019/11/06)



日本海丹後半島エギング。

数ヵ所、移動してのランガン。

釣果は、2杯。大きい方は600グラムでした。

夕マズメ、遠投でノリました。

アオリイカ、サイズは大きくなってます!


第6回釣り具王カスタム45エギング祭り結果(2019/10/10)


第6回釣り具王カスタム45エギング祭り結果

お知らせコーナーにて満載しております!

なお、総合成績は店頭にて。


PAGE TOP